アパート入居率を上げるための外観デザイン修繕

みなさん こんにちは(*^^)v

アパート・マンションの大規模修繕専門店リノベ・バンクです!

 

今回は、タイトルの通り「アパートの外観デザイン修繕」についてお話します。

 

大規模修繕をする目的は、建物の維持管理をするだけではありません。

外観のデザインも変えることができます◎

 

 

入居率が80%~90%であれば、そこまで気にすることはありません。

しかし、「入居率が下がってきたな」「管理会社に入居付けをお願いしてもなかなか入らない」というオーナー様は、建物の状況を確認したほうがいいかもしれません。

 

例えば、下図のように外観のデザインとロゴを変えただけで内覧の問い合わせが増えて、入居率がアップした事例もあります。

【before】

【After】

 

その他にも植栽を植え替え、間接照明で照らすことで、デザインをおしゃれに演出することにより入居率をアップさせることが出来ます!

 

しかし、デザインに費用をかけすぎてしまうと元が取れないケースがあるため、デザインに強みを持つ修繕屋さんを選びましょう。

なぜなら、そういった会社は自社でデザイナーを有しており、外注費がかからないからです。

入居率を上げるためのデザイン修繕をする場合は、そのような修繕屋さんを選ぶとコストを最小限に、見た目のデザインを最大化することができるでしょう。